理想の体を手に入れたい方への総合情報サイト

失敗しないためにも比較してみよう

大手企業の特徴

会員制ジム。
1、コナミスポーツクラブー全国に181店舗あり、年齢層は幅広いため規模も大きく、設備に力を入れています。立地を気にする方はおススメです。
2、ティップネスー都市型のジムで、個別指導のプログラムが充実しており、生活パターンや食事行動を考慮し、トレーニングの提案を行うため、女性にも人気です。
3、ルネサンスー格闘系の教室が多く、ヨガやシェイプアップ、ボディメイクなど種類が豊富です。
4、ゴールドジムー本格的に鍛えるならここです。適性試験により選ばれたトレーナー、そのためのマシン器具、プロテインドリンクの販売など、本格的です。

プライベートジム。
1、ライザップー最大手です。トレーナーは百時間を超える研修を受けた中から3パーセントの人しか選ばれません。そのくらい質は高いです。
2、シェイプスー全国に店舗があり、女性向けに特化しているため、女性の方にお勧めです。

まとめ

鍛える意味、鍛えるものと構造、ジムの種類と書いてみましたがいかがでしたでしょうか。

筋肉や骨、関節など体の器官は、そのどれか一部分だけを鍛えても効果は少なく、逆に壊してしまいます。例えるなら骨密度が低い状態で筋トレをすると、筋肉の収縮により骨に負荷がかかり、はがれてしまいます。そのため、プロテインやサプリメントを飲みながらトレーニングをするのです。そしてこれらのマネージメントをしてくれるのがトレーナーです。筋トレのトレーナーなら会員制ジムにいますが、栄養管理までしてくれるのはプライベートジムのトレーナーだけです。

結局文で見るだけだと、不安はぬぐえないと思えます。ですので最後はやはり実際に見てみるのが良いかと思われます。設備の質や量、トイレや温泉の清潔感、そしてなによりトレーナーとの相性は顔を合わせないとわからないですよね。最後には見学をして、自分に合ったジムを見つけましょう。